『夢を終わらせないボイストレーニング 』

声と喉のメカニズムを活かす!

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

歌が上手い人は、わざと上手く歌っている

f:id:loosevoice:20161203000435j:plain

歌が上手いと判断されるポイント

「歌が上手い」と思われるには、いくつかの要素がありますが、

特に、大きなポイントになっているものは何か??

 

歌は、「歌詞」「メロディー」「リズム」で構成されています。

この3つが、教科書どおりに間違いなくできていたとしても、「上手い」とは感じられない人もおります。

 

その決定的は違いは、「声の音色」にあります。

 

例えば、楽器でいいますと、ピアノは、一つの鍵盤を叩けば、プロでもアマチュアでも

同じ音色を鳴らす事ができます。聴いている人が「嫌な音だな~」という音は出ません。つまり、音色としてGOODな音が保証されているということ。

(※和音の場合は、また別ですが。)

あとは、「演奏技術」や「弾き方」を正しく行えば、いい演奏をお届けする事ができます。

 

でも、歌は、その音色の保証がナイ・・。

ココが「歌が上手い or あまり上手くない」と判断が分かれてしまうポイントなのです!演奏する前の「声という楽器の音色」が悪いと、そこに、いくら素敵な歌詞やメロディーを乗せても、いい歌にはなりにくい。。

 

歌い出しで「上手い」と思われる人は、必ず、聞いている人にとって心地よい声の音色を出しています。厳密には、曲を歌い切っていないので、上手いかどうかは分からないのですが、声がいいと「あ~、きっと、最後までいい感じで歌ってくれる気がする」と思わせることができます。

 

ここで盲点と重要な気づきがあります。

歌の上手い人に「わざと下手に歌ってー」とリクエストを入れると、変な声の音色にしたり、音程を外したりして、、下手に歌ってくれます。

 

つまり、意識的にコントロールして「下手」を作りあげることができます。

 

ということは、、逆に言えば「わざと上手く歌っている」のです。

声の音色をくずせるという事は、その逆をすれば、響きのある良い音色を作れると確信を持っているのです。それは、口の開け方、息の量、声と息のバランス、声の距離感、空間的なイメージなど、人によって数や種類は、さまざまだと思いますが、「いい声の音色づくりを知っている」ということです。

 

声という楽器の音色を作る方法

この誰しもに保証されていない「声の音色」は、もともとGOODな人もいれば、そうでない人もいます。そう、もともと声が良い人は、「習っていないのに、歌うまいね~、才能あるよ~」とか、言われるわけです!

 

でもご心配なく!!

その音色を作れるようになるのが、ボイストレーニングなのです。

ボイストレーニングは、歌うだけではなく、話し方などにも幅広く使われます。認識を間違ってほくしないのが、ボーカルトレーニングではない、ということ。

 

ボーカルトレーニングは、「声の音色」が、ある程度、整った状態の人が、歌う技術を高める為に行うものです。ボーカルレッスンを受けているけど、なかなか上手くならない、、という人は、一度、自分の声の音色をじっくりと聞いてみましょう。

 

【まとめ】

・「歌が上手い」と「声の音色」は、密接に結びついている

・「わざと下手に歌える」ということは、「わざと上手くも歌える」ということ

・歌い出しで「上手い!」と思うのは、「声の音色がいい=歌が上手い」と思わせているということ

 

ぜひ、あなたの練習に役立ててみてください。

 

 

Written by:KAN
日本ボイスアドバイザー認定
ボイストレーニングの効果を高める為の予備知識。
歌声をよくしたいという方に、役立つ情報シェアしていきます。

 

www.loosevoice.com

 『お友だち追加で、お得なボイトレ情報をゲットしよう!』
★LINEボイトレ案内、レッスン割引特典、出張レッスン情報をお届けします。

お気軽にどうぞ!

友だち追加

 

広告を非表示にする