『夢を終わらせないボイストレーニング 』

声と喉のメカニズムを活かす!

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

「喉詰め発声」の人は、改善エクササイズを入れること!

f:id:loosevoice:20170612104630j:plain

◆男性の多い喉詰め発声

高い声を出す時に、喉詰め発声になってしまう人。

喉詰め発声の体感は、高音で喉が苦しくなる、声が平べったくつぶれたような声になる、叫ぶような声になる、という事があげられます。

 

特に男性に多いのは、思春期の変声期で大幅に音域が変化してしまう事や、何事もチカラで勝負をしてしまうという性質があるからかもしれません。

 

頑張れば頑張るほど、喉詰めを助長してしまい、余計に苦しくなるという悪循環になります。

 

さて、喉詰め発声の人に、声帯をしっかり動かしたボイスコントロールを行う事は、簡単か難しいか、と言われれば、答えは「難しい」です。

例えて言うなら、足に重りをつけて短距離走をさせているようなもの・・。それでは、好タイムが出せるはずはありません。

 

◆改善エクササイズを必ず行うこと

自分で「喉詰め発声」と感じている人は、必ず、喉詰めを改善する為のエクササイズを取り入れるようにして下さい。

 

それを改善しないと、何年も苦しい発声法に悩まされることになる場合があります。喉詰め発声は癖の一つなので、くり返し、喉に、その動きは間違いなんだ、という事を覚えさせていく必要があります。

 

本来、動かなくていい喉の筋肉が動いてしまっている。

気道が狭くなっているという状態です。

 

ボイストレーニングの本質である、声帯コントロールは、まず、声帯を動かせる周りの筋肉が柔らかくないと難しい。喉詰めになってしまうと、その筋肉を動かせないように固めてしまっている状態。

 

ボイトレの順番に気をつけながら、あなたに合った自主練習を行っていってくださいね!

 

written by KAN

仙台で話題沸騰中のボイトレ!!

お一人様1回限り、Loose Voiceの『無料の声診断』実施中!

f:id:loosevoice:20170619205934j:plain

『無料の声診断』ご案内ページはこちら

 

『お友だち追加で、お得なボイトレ情報をゲットしよう!』
★LINEボイトレ案内、レッスン割引特典、出張レッスン情報をお届けします。
お気軽にどうぞ

友だち追加

 

 

 

広告を非表示にする