『夢を終わらせないボイストレーニング 』

声と喉のメカニズムを活かす!

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

喉を開ける準備のグッドタイミング

f:id:loosevoice:20170103203816j:plain

◆喉を開く準備

歌う時は、喉の奥を広く開けましょう、とよく言われます。話し声よりも、より音楽的な豊かな声を出す為に、喉の奥は十分に開ける事が必要です。

 

そこで、今回は、喉の奥を開ける準備のタイミングについて、お話ししていきます!実は、開ける準備が遅かったりする人が多いのです。その前に、まず、一つ確認しておきたいのが ⇒「喉の奥を開ける」という作業は、口を開けなくてもできる

 

口を閉じたままでも、喉の奥だけ開けるという事はできます。つまり、声を出していない状態でも喉の奥は開けられる、という事です。では実際、歌っている時を想像してみましょう!

 

初めのワンフレーズを歌う直前、息を吸います。そして、歌詞の言葉に合わせて口を開ける。そして声を出します。

 

この一連の流れの中で、どのタイミングで喉の奥を開ける作業を行いますか??

 「声を出す瞬間に喉の奥を開ける」では、準備が少し遅いのです。

 

◆息を吸うタイミング

歌うときの、喉の奥をしっかり開けた状態。

この準備は、息を吸った時にやってしまうと効率が良い。

 

声を出す瞬間に、喉の準備をしていては、曲中、間に合わない。なので、息を吸う時に、息のボールを喉の奥に放り込むようなイメージで喉の奥も開けてしまいましょう!吸った時点で喉の準備はバッチリになれば、あとは声を通すだけになります。

 

息を吸うのは、口からでも鼻からでも構いませんが、鼻から吸う場合(口を閉じている)でも、喉の奥は開けられますので、ぜひ、試してみて下さい。

 

「呼気」⇒「発声」までの流れが、格段にスムーズになると思いますよ!

 

***

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■仙台ボイストレーニング Loose Voice

https://www.loosevoice.com/

 

 

 

広告を非表示にする