『夢を終わらせないボイストレーニング 』

声と喉のメカニズムを活かす!

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

発声は、なるべく短期間で掴む

f:id:loosevoice:20170215011652j:plain

◆歌う時間を増やしたい理由

発声トレーニングは、スポーツで言えば、いわば基礎練習にあたる部分です。基礎をおろそかにしてしまうと、その上に積み上げていく「応用」も不安定なものになります。確かに、基礎練習は大事です。

 

でも、何のための基礎練習なのかを考えると、できるだけ早く、実践も交えてことも必要。そこで!今回は基礎だけに停滞せずに、実践をしながら声も歌も成長していけるような方法を、お伝えしていきます!

 

◆その1、曲中の声質で学ぶ

発声に、完璧とか、100点満点というものはありませんので、たとえ自分の思い通りに声が出なくでも悩む必要はありません!

大事なのは、適切な喉の使い方ができ始めているかどうか、です。そう、掴みかけの状態でも良いのです。

 

10回に2,3回失敗しちゃうけど、なんとなくわかってきた!という状態になったら、あとは曲中に出てくる歌声を作ることでトレーニングしていった方が、総合的、かつ効率的です。

例えば、Aメロで出てくる囁くようなウィスパーボイス、サビで出てくる張りのある強い声、エンディングで出てくる柔らかい裏声・・などなど。そういう声を再現する。

そうやって歌いながら行った方が、何倍も楽しいですよね!

 

◆その2.出せない声は使わない

出せない声を出せるようになるまで待っていては、時間が風のように過ぎていってしまいます。

発声ばかりをして、半年が過ぎました、、というような状態にならないように、歌も並行して上手くなっていくべきです。

 

じゃあ、どうやって歌うのか??

 

それは、出せない声は使わないで歌う事です!

無理な高音のある曲を選ばない、無理な強い声のある曲を選ばない。もし、出てきた場合でも裏声を使ったりして、出せる声で代用して歌う。それでも聴きごたえのある歌い方を研究する。

 

これが、歌が上手くなっていく人の練習です。

『今、自分のできる範囲で上手く歌う』を、ぜひ、取り入れてみて下さいね!

 

***

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■仙台ボイストレーニング Loose Voice

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!

広告を非表示にする