仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

どうしても喉が上がる人

f:id:loosevoice:20181002124156j:plain

◆喉が上がって歌いづらい

歌う時に、ノド(=喉ぼとけ)が過剰に上がって声が出しづらくなるという人は、少なくないと思います。

 

ノドが上がった状態で歌えないという事はありませんが、意図してノドを上げている人ではなく、あくまで自然現象で上がってしまうという人は、歌い続けていると、曲の後半に向かうにつれてだんだんとノドが辛くなるでしょう。

 

 

◆ボイトレをしても改善されない

ボイストレーニングは、声を出しやすくしたり、声量や音域を伸ばすという目的がありますので、

この「ノドが上がる」という現象も解決するべきものですが、これが、なかなか改善されない・・という人が結構いらっしゃいます。

 

この「ノドが上がる」を改善せずに無視した状態でボイトレを続けていても、結局、どこかでまた、発声に違和感を感じてしまい、立ち止まってしまう事になります。

 

数年ボイトレをしているけど、声が変わっている感じがしない・・という人は、心当たりがあるのではないかと思います。

 

ミックスボイスが出せたからといって、このノドの上がりは恐らく、改善されないでしょう。それ以前に、喉が上がった状態でのミックスボイスは、響きが浅く、ややキツそうな音色になってしまうと思います。

 

◆ボイトレ本にも詳しくは書いていない事が多い

世には、多数のボイトレ本のバイブルがありますが、ノドが上がらないようにするための改善トレーニング法を、詳しく書いてある本に、まだ出合った事がありません。

 

もちろん、

・喉や首回りのストレッチ

・ノドを下げて声を出す音階発声

・脱力系の声出し

・お腹で声を支える

・声を軽く出してみる

 

などなど、色んなアドバイスやレクチャーはあるのですが、気になるのは、それで改善されなかったという人が、どれくらいいるのかな~というところです。

 

「ノドが上がる」と一言でいっても、その度合いは、個人差があります。少し上がるくらいの人は、コツ的なアドバイスで改善できるかもしれませんが、思い切り上がっちゃう人は、自分の意志ではどうしようもないので、歌う事にストレスを感じたり、ついには歌う事が嫌いになってしまったり・・。

 

大きな夢を持っている方であれば、

才能がないのかな・・と、その夢を諦めてしまう事もあるかもしれません。

 

◆改善方法は、改善できた人に聞くべき

「じゃあ、どうすればいいのー!?」

という事ですが、

ノドの上がりを改善されてきた人に聞くのが一番確かな情報になります。

 

その方の改善方法が、万人に通用するかは分かりませんが、実践してみる価値は多いにあります。

 

現在、スタジオでボイストレーニングを受けている人で、高音や声が出しづらいという人の多くは、このノド上がりの問題が関与している場合がほとんどです。

 

逆に捉えれば、ノド上がりさえ改善されれば、圧倒的に声に自由度が増して楽に歌う事ができるのです。ノド上がりで長年悩んでいる人は、ぜひ、参考にしてみて下さいね。

 

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■ボイトレスタジオHP

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!