読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『夢を終わらせないボイストレーニング 』

声と喉のメカニズムを活かす!

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

歌うとき、舌を下げた方がいいの?《ボイトレ体験談》

f:id:loosevoice:20161001002100j:plain

歌うとき、舌根は下げた方がいいの?

歌声を出すときに、舌根を下げるといい、と聞いたことありませんか??僕は、書籍やボイトレレッスンで、舌根は下がっていると声が出しやすいんだ!という知識を持っていました。

 

歌っているときに、舌に力が入ってしまって、声が出しづらいという感覚を持っている方は、結構多いと思います。舌根を下げるトレーニングではなかったのですが、なるべく舌に力が入らないようにするために、こんなボイストレーニングを受けたことがあります。

 

「舌の先を、下の歯の後ろに、軽く触れながら声を出す」

「舌の奥の両側を、下の奥歯の親知らずに、軽く触れながら声を出す」

 

面白いですよね~、特に、後者はレベル高いです”” 笑

実際に、親知らずに舌の側面を触れながら声を出してみると、先生に、「いいねー」と言われた覚えがありますが、声の変化を、自分で録音して確かめていないので、自己評価は、何ともいえません。

 

どちらかといえば、前者の方法が、舌のリラックスに繋がったような気がします。もちろん、言葉を発するときは、一瞬、歯から舌が離れますが、すぐ、所定の位置に戻す感じを意識します。力が入っていると、舌の先が、空中に浮いてたりするので、分かりやすい。

 

結局、舌を下げる意識は、必要なのか?

これは、「下げる意識はなくてもよい」です。

 

まず、根本的な部分からひも解いていきますと、舌根は、「下の前歯の付け根のもっと下(アゴ側が付け根)」にあるという人の構造上の事実。口を開けて喉の奥に見える部分が、舌根ではないのです!だから、舌根は下げられない、という事を理解しておきましょう!!

 

じゃあ、舌根じゃないけど、これまで、舌根と思い込んでいた舌の奥のほうは、下げなくてもいいの?という疑問ですが。リラックスしている必要はありますが、下げる意識は、ない方がよいです。

 

下げるという意識で、逆に、喉が不自由(硬く固めてしまう)になり、声が出しにくくなる場合があります。ただし「自然に下がる」分には、問題ないでしょう。あくびをするような、喉の開き方が良いと言われるのは、それが理由です。→自然に、舌が下がる。

 

意識的に舌を下げないと、舌が(喉が)上がってきてしまうという場合は、「無理に下げる、ではなく、自然にそこに留まる」ボイストレーニングが必要になってきます。

 

いわゆる、発声の癖を、正していくことです。

 

おしゃべりしている時は、声は出しやすいわけですので、歌うときも、それ以上、力まないのがベストです。自然であり、それはリラックスしている結果でもあります。

 

今日は、歌うときの、舌根のお話しでした!

 

広告を非表示にする