読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

「声が楽に出る状態」を、まず、作っちゃう

雑記 意識改革

f:id:loosevoice:20170213110247j:plain

◆そもそも声は「解放」から生まれる

声の起源は、感情を表現する為、何か自分ら信号を発信する為の方法として生まれた機能です。赤ちゃんは言葉が話せないので、感情を泣いたり叫んだりして表現しています。感情を表現するという行為は、大人になっていくほど、抑制されていく場面が多くなっていきます。

 

一般常識や正論というものを前にして、あと、空気を読む?とか、感情を「ぐっと」抑えてします。だから、感情を解放して声を発する機会も減っていきます。

『声を楽に出す』というのは、気持ちや感情を解放しているということ。

 

気持ちや感情を解放している人というのは、他人から見ると、自由で、楽観的で、適当で、楽しそうで、喜怒哀楽があって、豪快で、細かいことは気にしない・・というような生き方をしているような印象があります。

 

そういう人って、声出るでしょ!?

理にかなっているというか自然現象なので当然なわけです。

 

逆に、考えて考えて声を楽に出せる方法を探している人は、気持ちの部分で完全に解放できていないので、逆に、声や喉を強張らせることになりがちです。声を楽に出す方法」を探すのではなく、「声が楽にでる状態」を、まず作っちゃう。

 

◆もともとは、声を出せていた自分を知る

誰しも、赤ちゃんの時は、自由に声を出せていたという事実を受け止める!

赤ちゃんは、「声がうまく出ない」と思ったことがないので、どこまでも突き抜けるような、高音や叫びを発します。

 

まずは、「自分は声が出る」と信じること。そして、その「状態」を作ること。

そこから、ボイストレーニングを始めてみると、きっと何かが変わってきます。

 

感情に制限をかけないで、「声で遊ぶこと」が、声の自由を生み、いつの間にかボイストレーニングになっているのです。最後に、重要なので、もう一度、

声を探さないで、

その声が出せる状態を作ること。

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

科学的メソッドボイストレーニング

仙台 LOOSE  VOICE   体験レッスン受付中 ↓ ↓ ↓

www.loosevoice.com

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする