『夢を終わらせないボイストレーニング 』

声と喉のメカニズムを活かす!

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

声がよく通る姿勢

f:id:loosevoice:20170418162926j:plain

◆発声の基本姿勢

プロシンガーは、お客さんを楽しませるため、また、歌を表現するために、身振り手振りを加えながらパフォーマンスしています。実に説得力があり、立ち姿もカッコイイです。

歌っているジャンル(ロック、ポップス、ヒップホップ、ジャズ、演歌・・etc)にもよっても、その動きやシルエットは変わってきます。

あんな風に自由に動きながらも、しっかり歌えるのには、理由があります。

それは「体の軸が通っている」からです。

歌に限らずとも、「基本姿勢」というものがあります。その動作をスムーズに行なうために最も適した姿勢です。歌にもそれがあり、プロは、基本姿勢を軸として(保ちながら)自由にアレンジをして曲に合わせて動いているのです。


今回は、歌う時の「基本姿勢」のチェック項目をお伝えします。

誰でも簡単にできるポイントなので、ぜひ、実践してみてくださいね!!

 

◆3つのチェックポイント

①全身が脱力している状態である。

→これはやや誤解を生みやすいので、詳しくお伝えします。

「何かに構えないで自然と立つ」という事であり、決して、猫背で “だらーん"として、やる気がなさそうに見える格好ではありません。脱力は、しようと思ってできる事でもなく、「何も意識しない(構えない)」日常的な事なので、難しく考えすぎずにいて大丈夫です。★ポイントは、鏡で見て、自分でカッコイイ立ち方に見えるかです。

【効果】歌の雰囲気に良い影響を与えます。リズム、音程、共鳴、が良くなります。

 

 

②バランスのよい安定した状態である。

→具体的には、左右肩幅くらいに足を広げ、背筋を伸ばし胸を張り、目線は真っすぐ。身長を測るときのような姿勢が分かりやすいイメージです。(足だけは閉じないで。)

 

重心は「ほぼ真ん中」でOKです。少しくらい押されても倒れないように、腰回りに、しっかり重みを感じて立ちます。もしかしたら、「つま先」や「かかとに」体重をかけて・・と、耳にした事がある方もいるのではないかと思いますが、それも間違いではありません。

 

要は、声を支える部分(丹田)に軸を持ちたいためなのです。歌っている時は、硬直せずに、多少前後に体重移動できるくらいでOKです。

【効果】腹式呼吸がしやすくなる。(ロングトーン、ハイトーン、声量アップ)見栄え、説得力、深い響きの声が得られる。

 

 

③[重要!]あごは、程よく引く

→ココが大事です!基本、あごは、少し引き気味にします。(※証明写真を撮るときのようなイメージ)引きすぎて、気道が狭くなったり、あごや首まわりに力が入らないように注意します。


ツバを呑み込んでみて、のどにストレスを感じるようですと、引きすぎNGです。
高音で顔をあげて歌いたくなりますが、「のどの脱力感」を得られる前に、そうしてしまうと、ほぼ間違いなく、のどに力が入ってしまい、高音が出しづらくなります。

【効果】「のど」の力み改善、高音発声、気持ちのリラックス(冷静さの維持、余裕を維持)

 

 

今回、お伝えしました3つのチェックポイントを確かめながら歌っていくと、「声がよく通る」事が実感できると思います。

②③は、初めは、「窮屈で歌いづらい」と感じる方もいると思いますが、慣れてしまえば、逆のスタイル(肩をまるめて、顔をあげる)で歌う事が、いかに、発声のジャマをしているかが分かってくると思います!

 
この基本姿勢で歌う感覚が分かったら、プロのように、自由に動いてアレンジしてもOKです!

歌を始めたばかりの方、これから始めようと思っている方、思うように地声で高音が出ない方は、ぜひ、この「よく声の通る」基本姿勢を作ってから歌ってみて下さいね。

 

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■仙台ボイストレーニング  Loose Voice

https://www.loosevoice.com/

 

 

広告を非表示にする