『夢を終わらせないボイストレーニング 』

声と喉のメカニズムを活かす!

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

「あっかんべー」で発声練習

◆舌を出しながら発声練習

舌を「あっかんべー」のように出して声を出す発声練習があります。この練習は、発声練習でよく言われる「喉の奥を開ける」とは、真逆の動きになるので、通常は、やろうとしない練習法ではないかと思います。

 

では、どんな人に効果的なのか!?

今回は、この練習の意味と効果とお伝えしていきます!

 

その前に、押さえておきたいポイントがコチラ!

舌は声を出すこと自体に関係のない部位」

言葉を発する時は、もちろん必要なのでですが、喉から声(音)を出すだけであれば関係はないのです。

 

◆舌がジャマしてしまう人

舌は、声を出すことに関係はないとお伝えしました。でも、無意識的に、その舌が、発声のジャマをしてしまっている人が多く見受けられます。そんな人の改善に効果的な練習法なのです!

 

・舌に力みが入る

・喉の奥に力みが入る

・声が弱々しい

 

こんな人に改善&効果のある練習です。発声は、舌や喉、首回りは、なるべくリラックスした状態を作る事が大切です。

 

リラックスした状態は「何もアクションを取っていない時の状態」を作ると分かりやすいでしょう。声を出さず、口も開かず、ただ普通に真顔でいる。その状態です。

 

◆言葉を発する時

真顔の状態から、例えば「あ」という言葉を発する時、当然、口、顎、舌にアクションが入ります。問題は、この時に、不要な力みが入ってしまう場合です。歌となれば、さらに音程が変わりますから、予期せぬ力が入り易くなります。

 

「べー」と舌を出して発声練習をすると、余計な力が入る人は、舌が引っ込んだり、硬くなったりします。そうなったらNG!発声をジャマしてしまう力みが入っている証拠です。

 

どんなに音程が上下しても、常に舌はリラックスできるように、練習をしてみて下さい。そして大事なのは、舌を「べー」と出している時も、出さない時も両方リラックスできること。(歌う時は、舌を出すわけにはいきませんからね”)

 

また、この練習は、声が弱い、、という悩みを持っている人にも効果的な練習でもあるのです!実際にやってみると分かると思いますが、舌を引っ込めている時よりも声が強くなりませんか??

 

ぜひ、ダブルの効果を体感してみてくださいね。

 

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■仙台ボイストレーニング  Loose Voice

https://www.loosevoice.com/

 

 

 

 

広告を非表示にする