仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

カラオケで歌う前に

f:id:loosevoice:20180417204914j:plain

◆カラオケで歌いづらい

カラオケで歌った時に「練習の時のように上手く歌えていない気がする」という悩み相談をよく受けることがあります。


なぜ、そういう気がするのかを聞いてみると、圧倒的に多い理由が「すぐに喉が疲れて、声が出しづらくなって・・。」という事でした。

せっかく、ボイストレーニングをしているのに、いざ皆の前で歌ったときに満足感を得られないのは、残念ですよね。

今回は、そんな時に、ぜひ、歌う前にやってほしい3つのポイントをアドバイス致します。

 

①演奏ボリューム調節

まず、なぜ、すぐに喉が疲れてしまうのかといいますと、普段よりも過剰に大きい声を出して歌っているからです。

カラオケ演奏の大音量に対抗して、自分の声も無理して張り上げてしまっていませんか?(たまに、他のボックスから聞こえてくるような、叫ぶ歌声になっては、いけません。)

演奏中も、大きい声をだせば、隣の人と会話できる位まで、カラオケ演奏のボリュームを調整しましょう。

 

②初めに歌う曲は、自分の歌いやすい曲を選ぶ

歌は、喉の筋肉を使います。


スポーツと同じように、実際に試合をする前には、本当は準備運動が必要なのです。でも、カラオケは、ノリや勢いで行く時が多いので、準備なしで、全力疾走しちゃうんですよね。

そして、ケガ(喉を痛める)をしてしまう。。初めは、楽に歌える曲で喉の筋肉を動かして、あたためから徐々に声量を上げていきましょう。

 

③スピーカーから自分の声がしっかり聞こえる位置に座る

これが、座る位置によって全然違ってくるので要注意です。


ほとんどの部屋には、2つのスピーカーが付いていると思いますので、ちょうど、その間の位置を確保して、バランス良く聞こえるようにできればベストです!

立って歌うか、座って歌うだけでも、聞こえ方がかなり違います。★色々試してみてください。


自分の声が聞こえないと、当然、音程やリズムもズレやすくなりますからね。練習の成果を十分に発揮できるように、歌う前にも色々と準備が大事です。

ちょっとした注意&調整で、ずいぶん、歌いやすくなるはずです。

ぜひ、試してみてくださいね。最後に、もう一度、3つのポイントをまとめておきます。

 

【カラオケで歌う時の3つのポイント(準備編)】


①カラオケ演奏の音量調節(それに合わせてマイクの音量も調整)をする。
②初めに歌う曲は、自分の歌いやすい曲を選ぶ。
③スピーカーからの自分の声がしっかり聞こえる位置に座る。

 

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■ボイトレスタジオHP

https://www.loosevoice.com/

【無料ボイトレメール講座】

 10日間で学ぶ正しい発声へのカギ!