仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

仙台Loose Voice『喉の力み改善ボイストレーニング法』

「喉の力み」で悩むあなたに、改善情報を発信!

声がすぐに裏返る人の特徴

こんにちは、Loose VoiceのKANです!


歌っていて音が高くなっていくと、すぐに声が裏返り「裏声」に変わってしまう。


誰でも高音になれば裏声になっていくものですが、その声が切り替わる換声点が早めにきてしまうという悩みを持っている人も少なくありません。


その原因は何なのでしょうか?


レッスンを行っていて、声がすぐに裏返りやすい人の傾向を分析してみましたので、ぜひ、参考にしてみてください。


一つ目は、【声帯を閉じる力が強すぎる人】


これは単純に声が大きい人という事ではありません。比較的、声の小さい女性でも起こり得ます。


声の特徴としては「地声感が強い、男性的な声、こもる声、声が潰れ感あり、抜け感の無い声、ぼそぼそ声、暗い声」という印象の発声状態にある声です。


つまり、声が裏返りそうだなという音域で、おしゃべり声の声帯の運動を緩めていくべきなのにも関わらず、それができず裏声に入る、という状態。


二つ目は、【小さく優しすぎる声の人】


こちらは、比較的少ないケースです。日頃から裏声に聞こえるようなしゃべり声で、息が多めに出ている。こういった声の特徴がある人は、声帯の閉じる力が弱い為、地声で歌い始めても、いつの間にか裏声になっているという現象が起きやすいです。しかし、かなり少数派だと思います。


では高音を地声で出す時は、どういった喉の使い方になるのか?


その喉の使い方ができているかを、独学で感覚的に知る方法は、


【裏声で上手に聞こえるように歌う】です。


なぜなら、裏声で歌って上手に聞こえるためには、高音に必要な声帯を伸ばす運動(=声に張りが出る)が、しっかりできていることが必要になるからです。


強い裏声が出せたとしても、聞き苦しい詰まり気味の声ではダメです。しっかりと響きのある裏声で歌えるかを練習&確認してみるとよいでしょう!ぜひ、トライしてみてくださいね。

 

written by KAN

 

www.loosevoice.com