『夢を終わらせないボイストレーニング 』

声と喉のメカニズムを活かす!

夢を終わらせないボイストレーニング

声と喉のメカニズムを活かす!

カバー曲を自分のものにして歌う方法

f:id:loosevoice:20170115005949j:plain

◆カバー曲を歌う

趣味として歌う人は、大概は、カバー曲(既存の曲)を歌う事が多いと思います。カラオケでも、その曲を歌っている歌手本人が必ずいます。そのカバー曲を歌う時に、「自分らしく歌えているか」という事が、一つ、気になるところですよね!?

 

他の人が作った曲であっても、自分なりに表現できているかどうかで、聞いている人の心に届く歌になるかならないかに、大きく関わってきます。

 

ちょっとだけ深い話しになりますが、とても大切な事なので、ぜひ、読み進めてみて下さい。

 

◆歌手本人が歌っている画を想像しないこと

まずは、コツ的な部分から。

歌う時に、よく、歌手本人になりきって歌う人がいますが、これはNG。要は、モノマネ状態になります。自分の歌声を冷静に聞けなくなり、自分の魅力を半減させたまま、薄っぺらいモノマネをして歌っているように聞こえてしまいます。

 

ですので、歌う時は、自分の歌声をしっかり聞いてください。その時、一切、歌手本人の声をイメージしないこと。自分の声で歌いあげていくつもりで、一つ一つのフレーズを形にしていきます。

 

 

◆必ず、自分のフィルターを通すこと

これは、歌詞の内容を自分の経験に当てはめる、という事ではありません。自分で作った曲でない場合は、歌詞の内容に共感できなかったり、自分の経験したことないような感情が描かれたりします。

 

自分のフィルターを通すとは、「自分の言葉で言う」という事です。もちろん、歌詞は、オリジナルのままです。いかに、心から自分がしゃべっている(伝えている)という意識を持って歌っているかどうか、が重要になります。

 

役者でいえば、歌詞というセリフを与えられているわけです。

聞いている人は、セリフ=(用意されているもの)と分かっていても、その本人の心から発せられた言葉として、認識したいし、そうあるべきです。

 

なので、歌の歌詞も、聞いている人に、自分のセリフのように思わせなくてはならないのです。

 

 

◆プロは、それが上手い

プロシンガーは、カバー曲を歌っても、素敵に歌いあげてくれます。これはアマチュアと何が違うのか??というと、「自分の言葉にしている」という点。

自分の言葉にする為には、次の事がポイントになります!

 

『その歌詞を歌っている自分の声と向き合う』

 

これだけです。経験したことがない内容でも、これができている人は、自分の歌になります。そう思わせることができます。

言葉に、あなたの魂が宿るんです。だから誰にも真似できないものになる。きっと、カバー曲であることすら、忘れさせることができます。

 

ぜひ、試してみて下さいね。

 

written by KAN

ツイッター

https://twitter.com/loosevoice

■仙台ボイストレーニング  Loose Voice

https://www.loosevoice.com/

 

 

 

広告を非表示にする