『喉の力み改善ボイトレ法』

数年ボイトレをしても変わらないあなたへ

『喉の力み改善ボイストレーニング法』

数年ボイトレをしても変わらないあなたへ Loose Voice

喉締め発声が治らない?!

こんにちは、仙台Loose VoiceのKANです!

 

歌う時に、喉が締まり声が出しづらい・・と悩んでいる方は、結構多いようです。

 

一方で、喉締めにならずに気持ちよく歌える人もおります。これは、小さい頃からの発声の癖が大きく関わっています。

 

例えば、小学生の時に大声で叫ぶような声で歌っていたり、中学生になり変声期になり高音が出しづらいと感じているにも関わらず、無理やり高音を出し続けていたり。

 

喉締め発声は、喉の中を狭めるような感覚で発声しています。喉は管楽器のようなイメージですので、その楽器自体を小さくすれば、確かに音を上げる事ができます。

 

しかし、音が上がるほど狭めることになるので、すぐに限界がやってきます。

 

喉締め発声の改善で、少しやっかいなのが、練習方法や発声の理屈を理解していたとしても、今までの癖がなかなか取れない、、という状態が続くことです。

 

条件反射で喉ぼとけを上げ過ぎたり、声帯を過度に閉鎖したりしてしまうのです。頭ではダメな事が分かっていても体が反応してくれない。

 

実際、私自身もその状態を体験しているので、体感として共感できる部分があります。

 

「喉締め発声になっている状態を続けていても、ずっと改善はできないんだ」という事を認識する事から、改善の一歩は始まります。

 

「このまま歌い続ければ、いつか、楽に声が出せるだろう!」

と思うのは、やめましょう。

 

間違ったフォームで走り続けても、早く走れるようにはならないのと同じです。

 

 

では、改善のために何をすればよいのか?

 

まず、行って欲しいのが、喉の締まりを緩和させる為に「息を過剰に吐いて発声する」という練習です。

 

一瞬ですべての息を吐きだすようなイメージで音階を取っていきます。

 

この状態は、息を吐き過ぎているので歌う事はできませんが、締め付ける癖を取る練習としては効果があります。

 

 

■練習方法

 

①口から10㎝ほど話したところに、ティッシュを1枚かざします。まずは、声を全く出さずに、ロウソクの火を消すように息を「フッー!」と吐きます。

 

かなりティッシュが揺れることを確認しましょう。

 

②次は、ほんの僅かだけ声を混ぜて①と同様に「フッー!」と息と声を出します。

※言葉は「ハ」が良いと思います。

その時に①と同じくらいティッシュが揺れるようにします。

 

 

その状態で音程を上げていきます。

地声と裏声の両方行っていきましょう!

 

これがファーストステップになります。喉締め発声が癖になっている人は、この練習自体がかなり難しく感じられるはずです。

 

声を混ぜた瞬間に、呼気が減少してしまい、ティッシュが大きく揺れなくなると思います。本来、歌う時は息はセーブしますが、間違った締めつけを改善する第一歩として、行ってみてくださいね。

 

Written by kan

 

www.loosevoice.com